国産車、外車、新車速報など、幅広く情報を掲載しています。スペックや内装・装備、画像などで詳しく解説!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中!!
バーナーをワンクリック!応援お願いします。by館長
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
ハイルーフ仕様のタクシー専用モデル
TO_S054_F001_M007_1_L_640x480.jpg

クラウンコンフォートは中型タクシー専用のモデル。車両サイズは先代同様5ナンバーに抑えながらも、ボディを拡大。ピラー部を立ててルーフを高くし、タクシー用途に適した広い居住空間を実現した。同時に全長と全幅も延長し、容量431Lという広いトランクスペースを確保。エンジンは2Lのの直4と直6ののLPG、2.4L直4ディーゼルの3種類が設定される。フロントシートは、ドライバーが疲れにくいようにアップライトなポジションを採用。体格にきめ細かく対応できる2ウェイバーチカルアジャスターなどを全車に標準装備した。
LPGエンジン車の排ガスをよりクリーン化することで「平成17年排ガス規制」をクリアすると同時に燃費の向上を図った。また全車にサイドターンランプ、ヘッドランプレベリング機構(マニュアル)などを標準装備している。(yahoo!自動車から引用)


車情報館長の独り言
一般のひとには全く関係のない車ですが・・・しかし!紹介します!
一言でいって街でよく見かけるタクシーです。でも、名前を知ってる方は少ないと思います。
実はクラウンなんですよね。タクシーのテール見てもクラウンなんて書いてありませんもんね・・・。
私がこの車で一番びっくりしたのが、下記でも紹介してますが、その性能にあります。
皆さんはどうですか?乗ってて、タクシーって速いなーって思ったことありません?でも、実際は79馬力、トルクも16.3kg・・・。はっきり言ってターボ付きの軽自動車に毛が生えたくらいです。
私も驚愕しました。ピークパワーが4400回転なんですよ!ものすごく低くありませんか?ここにタクシーの秘密があったんですね。更に車両重量1330kg!軽いですね。
最近ではセルシオのタクシーもあるみたいですね。乗ってみたい・・・です。

関連記事
元年収1000万タクシードライバーのすべて


これからタクシーの見方が変わるかも・・・笑
TO_S054_F001_M007_2_L_640x480.jpg TO_S054_F001_M007_3_L_640x480.jpg TO_S054_F001_M007_4_L_640x480.jpg

価格・主要諸元

発売年月 2004年6月
標準車両本体価格(東京地区) 193.2万円
総排気量 1998cc
最高出力 79ps(58kw)/4400rpm
最大トルク 16.3kg・m(160N・m)/2400rpm
車両重量 1330kg
乗車定員 5名
全長×全幅×全高 4695×1695×1515mm
燃料消費率(10/15モード走行) 9.0km/L
駆動方式 FR
トランスミッション 4AT
走行性能をさらに高めたラグジュアリィSUV
TO_S114_F002_M005_1_L_640x480.jpg

高級サルーンの基本性能を備えたプレミアムSUVという初代の路線を踏襲しつつも、さらにに高級感と走行性能に磨きをかけた。ボディデザインは独創的でさらにシャープになった。走りも新プラットフォーム、パーツを一新したサスなどによって高い操縦安定性を実現。内装もインパネの金属調処理と木目調パネルによって高級感がアップ。リアシートの4:2:4分割シートや荷室の3分割デッキボードといった機能面も向上している。エンジンは3LのV6と2.4Lの直4で、4WDとFFがある。エアサスペンションを装着した上級グレードのAIRSも設定。フロントグリルのデザインを変更、ドアハンドルをメッキ処理仕様とした。AIRSにはスーパークロームメタリックの新デザイン18インチホイールを採用。また、外板色にグレーメタリックが新たに設定されている。(yahoo!自動車から引用)



大ブレイクのハリアー!かっこいいですよね。欧米で大ブレイクして生産が追いつかず、日本のハリアーを輸出してるみたいですね。なので買取が異常に高いです。240GLパッケージを300万で購入して3年後の下取りが270万という話も聞いたことがあります。来年9月には正式に打ち切りになり、レクサス移行が決まっています。レクサスに移れば値上がりは必死で、現行のトヨタハリアーの中古市場の値下がりもないままのようです・・・。トップグレードのAIRSは欧米で販売されているレクサスRSの仕様にあたります。

価格・主要諸元 3.5 AIRS 4WD

発売年月 2007年1月
標準車両本体価格(東京地区) 400.1万円
総排気量 3456cc
最高出力 280ps(206kw)/6200rpm
最大トルク 35.3kg・m(346N・m)/4700rpm
車両重量 1830kg
乗車定員 5名
全長×全幅×全高 4735×1845×1670mm
燃料消費率(10/15モード走行) 9.0km/L
駆動方式 4WD
トランスミッション 5AT

TO_S114_F002_M005_2_L_640x480.jpg TO_S114_F002_M005_3_L_640x480.jpg

本日のオススメアイテム!
燃料代が気になるあなたに是非

伝統の機能性を最新技術で“4WDの王者”を磐石にした
TO_S196_F001_M001_1_L_640x480.jpg

オフロードの走破性や耐久性などに優れた機能性をもちつつ、快適性や高級感も併せ持った“4WDの王者”ともいうべきトヨタの高級SUV。プラットフォームやフロントサスペンション、可変バルブタイミング機構付きエンジンなどが新開発され基本性能が向上。さらに路面状況などに応じてスタビライザーをコントロールするKDSS、トルク感応型駆動力配分機構をもつ4WDシステムなど最新技術が駆使された。外観は機能を優先した伝統的なデザインに、逆台形グリルなどで力強さを表現。室内は、水平方向に軸が通った造形で車体の姿勢変化を把握しやすいインパネなど機能性を優先しつつ、クロームバーや木目調パネルなどで高級感が演出される。

私的コメント
200系は100系よりオフロード重視になったのは間違いないと思いますね。100系はシグナス筆頭にラグジュアリー感が強かったですよね。後内装なんですが、ハイラックスサーフぽっくないっすか??汗 メーターパネルのとこなんか・・・。
もしかして、シグナスはレクサスへ帰るからラグジュアリーから離れ、本来のオフロード重視になったのか??あくまでも、私の妄想です。笑

価格・主要諸元 (4.7 AX Gセレクション 4WD)
発売年月 2007年9月
標準車両本体価格(東京地区) 540.0万円
総排気量 4663cc
最高出力 288ps(212kw)/5400rpm
最大トルク 45.7kg・m(448N・m)/3400rpm
車両重量 2500kg
乗車定員 8名
全長×全幅×全高 4950×1970×1880mm
燃料消費率(10/15モード走行) 6.6km/L
駆動方式 4WD
トランスミッション 5AT

TO_S196_F001_M001_2_L_640x480.jpg TO_S196_F001_M001_3_L_640x480.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。