国産車、外車、新車速報など、幅広く情報を掲載しています。スペックや内装・装備、画像などで詳しく解説!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中!!
バーナーをワンクリック!応援お願いします。by館長
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
原点回帰。レトロモダンなポニーカー
FO_S015_F003_M001_5_L_640x480.jpg

1964(S39)年にデビューした初代をモチーフにしたエクステリアはロングノーズ&ショートデッキスタイル。このほかにもサイドのCスクープ、3連のテールランプなど随所に初代の特徴的な意匠を採用。インテリアは、ステアリングホイールやダッシュパネルにメタリックなパーツを多用した高級感とレトロなデザインが交じり合ったものだ。インパネのバックライトは調光可能で125色の中から選べる機能も付く。本革シートを標準装備とし、V8エンジン搭載モデルにはスポーツバケットタイプシートを装着した。搭載されるSOHCエンジンは4LのV6と4.6LのV8の2種類。組み合わされるトランスミッションは全車5ATのみの設定。(yahoo!自動車


館長の独り言
ども、こんばんは。いつも独り言に付き合っていただいて有難うございます。
さて、今日はマスタング!先代のマスタングは今ひとつピリとしませんでしたが、今回はスタイルだけでもかなりいい物だと思います。
まず、スタイルですが、スカイラインクーペを一回り大きくしたくらいです。
エンジンを始動して驚かされるのが、周りに盛大に轟くグォーといったサウンド!
早朝、深夜の住宅街では気がひけるほどで、このあたりの無遠慮さは、アメリカンスポーツらしいところですね~。多分エクスプローラーのエンジンを流用してますね。V8がエディバウアーのエンジンと同じだと思います。多分それに手を加えてる感じだと・・・。
これだけの大トルクを持つFR車でありながら、DSC(横滑り防止装置)はオプションでも用意されないのはいただけませんね・・・。形だけでなく中身もレトロ仕様といったところでしょうか。
ともあれ、スタイルはカッコイイです。映画「60セカンズ」でニコラスケイジが乗っていたシェルビーを思い出しますね。

FO_S015_F003_M001_1_L_640x480.jpg FO_S015_F003_M001_2_L_640x480.jpg FO_S015_F003_M001_3_L_640x480.jpg 15_l_20071125195318.jpg 16_l_20071125195326.jpg


価格・主要諸元 (V8 GT クーペ プレミアム)

発売年月 2006年6月
標準車両本体価格(東京地区) 460.0万円
総排気量 4606cc
最高出力 304ps(224kw)/5750rpm
最大トルク 44.2kg・m(433N・m)/4500rpm
車両重量 1630kg
乗車定員 4名
全長×全幅×全高 4765×1880×1385mm
燃料消費率(10/15モード走行) -km/L
駆動方式 FR
トランスミッション 5AT

関連記事

マスタング V8 GT クーペ プレミアムの試乗レビューを見る
http://autos.yahoo.co.jp/ncar/review/report.html?id=mm0184

スポンサーサイト
ブログランキング参加中!!
バーナーをワンクリック!応援お願いします。by館長
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cshot.blog122.fc2.com/tb.php/58-dbda8556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。