国産車、外車、新車速報など、幅広く情報を掲載しています。スペックや内装・装備、画像などで詳しく解説!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中!!
バーナーをワンクリック!応援お願いします。by館長
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
前回のコルトに引き続きコルトを・・・。
またコルトかよ!って思わないでください。全くの別物と思われるので、個別で紹介させて頂きます。

c31126a.jpg


コンパクトカーのコルト三菱のモータースポーツ専門会社であるラリーアートの仕様をふんだんに盛り込んだスポーツモデルがラリーアートバージョンRです。

もともと、コルト自体にラリーアートと呼ばれるスポーツグレードが存在してましたが、リコール隠しによるイメージ低下の後遺症や、スポーツモデルとしては地味な内外装などもあり、存在自体があまり知られていないです・・・。

d0153_2.jpg
この車のすごいところは、走りのパフォーマンスを高めるため、ホワイトボディの段階からボディ剛性を高めるためのスポット溶接の増し打ちをしています。市販車でスポットの打ち増しなんて聞いたことありません。実際に三菱では、このクラスのボディ剛性のベンチマークをBMWのミニ・クーパーSとして、それに近い剛性を得られるような改良を施しています。具体的には、各パネル部のスポット溶接点数を従来の約1.5倍まで増やし、さらにDピラー(リアピラー)やフロア部の要所に補剛部材を追加しているみたいです。


外観デザインは精悍な印象を与えるフロントグリルと大きなエアインテークを持つボンネットフード、それに前後のエアロパーツなどが特徴です。
インテリアもレカロ製の本格的なバケットシートがオプション設定されるのに加え、後席も専用のシートが用意されることで乗車定員が5名ではなく4名とされています。

d0153_5.jpg
搭載エンジンは直列4気筒1.5 リッターのDOHC+インタークーラー付きターボで、INVECS-Ⅲの6速スポーツモード付きCVTまたは5速MTと組み合わされます。5速MT仕様は最大出力154ps/6000rpm、最大トルク21.4kgm/3500rpm、CVT仕様は最大出力は同じで最大トル18.3kgm/2500rpmになります。


サスペンションはヨーロッパ仕様の足回りを日本向けにチューンしたもので、標準車に比べてローダウンされています。タイヤも16インチの45タイヤが装着され、安全装備はSRSエアバッグやABSが標準で装備され、横滑り防止装置のASCは5速MT車にのみ標準となり、 SRSサイドエアバッグは全車にオプション設定されています。

c31130a.jpg c31131a.jpg


価格・基本情報
発売年月 2007年
標準車両本体価格 198.4万円
駆動方式 FF
車両形式 CBA-Z27AG
トランスミッション 5MT
車両重量 1110kg
乗車定員 4名
ドア数 5枚

エンジン種類 直列4気筒DOHC
エンジン形式 4G15 MIVEC TURBO
過給器 TURBO
総排気量 1468cc
使用燃料 無鉛プレミア
燃料タンク容量 45L
性能最高出力 163ps/6000rpm
最大トルク 21.4kg・m/4000rpm
燃料消費率(10/15モード走行) 15.4km/L
最小回転半径 5.4m
走行装置タイヤ 205/45R16
ブレーキシステム(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキシステム(後) ディスク
サスペンション(前) ストラット式
サスペンション(後) トーションビーム
ワンモーションフォルムが特徴的

c31118a.jpg


コルトはコンパクトカーとしての基本性能(安全性、環境性能、走行性能)を高次元で融合させたクルマとして2002年11月に発売されました。

c31119a.jpg
外観はワンモーションフォルムを採用。ワンモーションフォルムとは今流行りのタマゴ型で流線型のフォルムのことを指します。室内は伸びやかな面構成で包み込むようなラウンド感を持たせ、フロントシートはセパレートとベンチタイプが選択可能です。リヤシートは左右独立スライドシートと一体スライドシートを設定、リクライニングやスライド、タンブルなどのアレンジが可能です。搭載エンジンは1.3リッターと1.5リッターで、1.5リッターにはターボ仕様も用意。CVTとの組み合わせにより軽快な走りを実現しています。


c31120a.jpg
2004年10月の改良では、クロームメッキを配したフロントグリルを採用するなど、内外装が変更された。2005年11月にはエアコンにバイオクリアフィルターを装備したほか、一部グレードにサイド&カーテンSRSエアバッグを標準装備し、排気ガス性能を向上しています。2006年11月にはベースグレードの装備を向上させたほか、充実装備のグレードを新設定すると同時に、CVTシフトパターンの改良で燃費を向上されています。


価格・基本情報
発売年月 2007年11月
標準車両本体価格 141.8万円
駆動方式 4WD
車両形式 DBA-Z22A
トランスミッション CVT
寸法・重量・その他全長×全幅×全高 3885×1680×1550mm
室内長×室内幅×室内高 1800×1400×1240mm
ホイールベース 2500mm
最低地上高 150mm
車両重量 1090kg
乗車定員 5名
ドア数 5枚

エンジン種類 直列4気筒DOHC
エンジン形式 4A90
過給器 なし
総排気量 1332cc
使用燃料 レギュラー
燃料タンク容量 45L
性能最高出力 91ps(67kw)/6000rpm
最大トルク 12.4kg・m(122N・m)/4000rpm
パワーウェイトレシオ 12kg/ps
燃料消費率(10/15モード走行) 17.8km/L
最小回転半径 4.7m
走行装置タイヤ 175/65R14
ブレーキシステム(前) Ⅴディスク式
ブレーキシステム(後) ドラム式
サスペンション(前) ストラット式
サスペンション(後) トレーリング車軸式
走破性の高いオールラウンドSUV
MI_S012_F004_M002_1_L_640x480.jpg

4代目となった日本のクロカンSUV王者パジェロ。5ドア(ロング)と3ドア(ショート)の2つのボディタイプが用意されるのは従来と同じ。エクステリアは2代目の特徴であった直線的デザインを盛り込み、名前の由来である野生の山猫をモチーフにしたフロントマスクが最大の特徴だ。モノコック構造や4輪独立サスペンションも従来型を踏襲しながら、信頼性と耐久性を高めるため、随所に改良が施される。搭載されるエンジンはV6の3Lと可変弁機構(MIVEC)が追加された新開発のV6の3.8L。ミッションは前者に5MTまたは4AT、後者に5ATを組み合わせる。また、ロックフォード製の高級オーディオシステムを用意するなどオプションも充実。(yahoo!自動車から引用)


車情報館からのコメント
最近、日本のクロカンSUVも大型化が目立ってきていますね。このパジェロなんか車両重量が2,200kgもあるんですよ!フォードエクスプローラより重い・・・。ただ、パジェロのいいところはグレードの幅があり値段の幅があり240万台~441万。パジェロって値段が高いってイメージがあるけど、これなら手が届きそうって方もいるかもしれませんね。
MI_S012_F004_M002_2_L_640x480.jpg MI_S012_F004_M002_3_L_640x480.jpg MI_S012_F004_M002_4_L_640x480.jpg

価格・主要諸元 3.8 ロング スーパーエクシード 4WD

発売年月 2007年10月
標準車両本体価格(東京地区) 441.0万円
総排気量 3827cc
最高出力 252ps(185kw)/6000rpm
最大トルク 34.5kg・m(338N・m)/2750rpm
車両重量 2210kg
乗車定員 7名
全長×全幅×全高 4900×1875×1870mm
燃料消費率(10/15モード走行) 7.6km/L
駆動方式 4WD
トランスミッション 5AT
本日のオススメアイテム
燃料代が気になるあなたに是非


i-MiEV SPORT
mie_bod_img_01.jpg

i-MiEVの進化系が東京モーターショーで発表されたようですね。
上の写真はi-MiEV
すごいのはなんといっても、リアから出てくる家庭用コンセント・・・。
ついにここまできたか・・・とおもっちゃいましたね。
i-MiEVSPORTi-MiEVのスポーツタイプということですが、
ボディー自体iより大きいみたいです。ヨーコンなんかもついっちゃってハイブリットEVO??

i-MiEVSPORTの画像
女性モータージャーナリスト☆竹岡圭の晴れ女ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kei_takeoka/52110210.html#52140453
ランエボがフルモデルチェンジ!ランサーエボリューションX誕生!evo10.jpg
ブログランキング参加中!!
バーナーをワンクリック!応援お願いします。by館長
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
[ランサーエボリューションX]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。