国産車、外車、新車速報など、幅広く情報を掲載しています。スペックや内装・装備、画像などで詳しく解説!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中!!
バーナーをワンクリック!応援お願いします。by館長
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
19インチホイールを設定するスポーティセダン

NI_S007_F001_M002_5_L_640x480_20071218100216.jpg


フーガ日産の高級車であるセドリック、グロリアの後継モデルとして開発された車です。セドリック、グロリアがなくなったのはものすごく残念でした。その後、このフーガにチェンジになったのですが、最初はセド、グロの思いが強く、なかなかフーガを受けいれられなかったですね・・・。

NI_S007_F001_M002_3_L_640x480.jpg
ライバルはクラウンですね。ただ、スポーティなイメージが強いのでアスリート限定。個人的にはレクサスGS、昔のトヨタアリストと同じ路線だろうと、思っています


NI_S007_F001_M002_4_L_640x480.jpg
自主規制もなくなり、馬力はなんと!333馬力。
内装も木目基調としており、ものすごくラグジュアリーな仕上がりとなっています。


ただ、乗っている人少ないですよね・・・。
人と同じ物は嫌だ!って方には最適かも??


価格・基本情報

発売年月 2006年5月
標準車両本体価格 554.4万円
駆動方式 FR
車両形式 CBA-GY50
トランスミッション 5AT

全長×全幅×全高 4900×1795×1510mm
室内長×室内幅×室内高 2140×1535×1240mm
ホイールベース 2900mm
最低地上高 130mm
車両重量 1770kg
乗車定員 5名
ドア数 4枚

エンジン種類 V型8気筒DOHC
エンジン形式 VK45DE
過給器 なし
総排気量 4494cc
使用燃料 ハイオク
燃料タンク容量 80L
性能最高出力 333ps(245kw)/6400rpm
最大トルク 46.0kg・m(455N・m)/4000rpm
パワーウェイトレシオ 5kg/ps
燃料消費率(10/15モード走行) 8.1km/L
最小回転半径 5.6m
動力伝達・走行装置タイヤ 245/45R18

2シーターモデルとして復活
NI_S026_F003_M005_4_L_640x480.jpg

惜しまれつつ2000(H12)年8月に生産が終了したフェアレディZが2年ぶりに復活。新型はスカイラインと同じFRのFMプラットフォームを採用すると同時に、前後重量配分の最適化や高い空力性能などスポーツカーとして重要なパッケージ性能を追求し2シーター専用モデルとなった。新開発の3.5LのV6エンジン+6MTまたはギア固定が可能なマニュアルモード付き5ATを組み合わせ、アルミパーツを採用したマルチリンクサスペンションや大径ブレーキを採用している。6MTのみでブレンボ製ブレーキやVDCなどを採用するハイスペックグレード、バージョンS/STなど4グレードをラインナップする。(yahoo!自動車


館長の独り言
最近結構見かけるようになりましたね。この手のスポーツカーは国産のメーカーは今無く新鮮に感じられます。
エンジンは高回転型のVQ35HRを搭載、最高出力313ps。
デザインはフロントのサイドウィンカーが縦になっていたり斬新です。フロントは男らしさをかんじますし、リアはどこと無く女性らしく・・・。バランスが取れていいじゃないですか。
NI_S026_F003_M005_1_L_640x480.jpg NI_S026_F003_M005_2_L_640x480.jpg NI_S026_F003_M005_3_L_640x480.jpg NI_S026_F003_M005_5_L_640x480.jpg

価格・主要諸元 (3.5 バージョン S)

発売年月 2007年1月
標準車両本体価格(東京地区) 363.3万円
総排気量 3498cc
最高出力 313ps(230kw)/6800rpm
最大トルク 36.5kg・m(358N・m)/4800rpm
車両重量 1480kg
乗車定員 2名
全長×全幅×全高 4315×1815×1315mm
燃料消費率(10/15モード走行) 9.6km/L
駆動方式 FR
トランスミッション 6MT

関連記事

歴代モデル一覧を見る


フェアレディZ Version NISMO Type 380RSの試乗レビューを見る


フェアレディZ バージョンST(6MT)の試乗レビューを見る


個性派スポーティカー徹底比較を見る


北米を見据えた、FRスポーティクーペ
NI_S029_F005_M001_1_L_640x480_20071030021218.jpg

米で大成功を収めたG35クーペの後継モデル。外観はロングノーズ、ショートオーバーハングをもつ、ロー&ワイドなFRクーペらしいデザインだ。クーペ専用パネルで構成され、流れるようなライン、フェンダーの張り出しなどでスポーティさを増した。スポーツグレードには開口部が3分割されたバンパーや専用スポーツキャリパー付き19インチホイールも装着される。新開発3.7LエンジンはVVEL(バルブ作動角・リフト量連続可変システム)を採用。高回転まで滑らかに回り、出力や環境性能も向上した。前後のタイヤ切れ角を調整し安定や運動性能に寄与する、日産独自技術の4WAS(4輪アクティブステア)をスポーツグレードに標準装備。(yahoo!自動車から引用)


完全にレクサス意識してますよね・・・。ISあたりですか。
日産独自技術の4WAS(4輪アクティブステア)はちょっと試してみたいですね。
あと・・・日産ってインパネにアナログの時計埋め込むの好きですよね。

価格・主要諸元 (3.7 370GT タイプSP)

発売年月 2007年10月
標準車両本体価格(東京地区) 447.3万円
総排気量 3696cc
最高出力 333ps(245kw)/7000rpm
最大トルク 37.0kg・m(363N・m)/5200rpm
車両重量 1660kg
乗車定員 4名
全長×全幅×全高 4655×1820×1390mm
燃料消費率(10/15モード走行) 8.9km/L
駆動方式 FR
トランスミッション 5AT

NI_S029_F005_M001_1_L_640x480.jpg NI_S029_F005_M001_2_L_640x480.jpg NI_S029_F005_M001_3_L_640x480.jpg




性能
GTR11.jpg

新型GT-Rは、ポルシェエ911と性能を比較していたらしいですが、今度のGT-Rの運動性能は目を見張るものがあり、とにかく凄いことになっています。
新型GT-Rのほうがポルシェエ911よりも性能やマシンのポテンシャルは上になっているでしょう。
GT-Rはポルシェ911をも、通過点にしているところがNISSANの方向性を感じます。
理念としてニッサンGT-Rの開発人の考えの中には、ドライバーが運転に集中できる環境を作ってあげる事が大切だという考えあるそうですね。
車と人間との関係が、日産GT-Rの場合ドライバーをサポートする事が大事で、人間がくるまのポテンシャルを引き出すと言う考えよりも、逆説で話すとドライバーの性能を引き出すと言うレース的なNISSANの考えですね、その辺はさすがグループCで実績を上げているだけはあります。
ただ早いだけの車ではなくドライバーへの配慮がなされてますね。高いスペックの最近のスポーツカーは見た目重視の車が多くがっかりしますが、しかし、ドライバーのユーザビリティを新型GT-Rは配慮している点など、日本をリードしていくために作られた感じのクルマですね。

外観と構造
GTR8.jpg

新型GT-Rのすべてが見えましたね。最高出力=480PS、ベース価格777万円、正しく国内最高峰といった感じでしょう。
新型GT-Rの外観から見ていくと、まず今回新型GT-Rのボディカラーはというと全部で5色見たいですね。
その新型GT-Rのボディカラーの内訳は、ホワイトパール、レッド、シルバーメタリック、ガンメタリック、ブラックといったた感じです。
ホイールはグレードによって変わるみたいですね。ダンパーはビルシュタイン製でブレーキはブレンボを採用で足回りは固めています。
ボディ構造はというと、剛性バランスや前後重量配分を考えてあみ出されたのが、フロントセクションにはアルミスペースフレーム採用し、キャビンにはスチールモノコックを採用した、スカイラインGT-Rの専用構造を構築した。
この構造により、フロントがスペースフレームなので、以前のスカイラインのタワーバーは装着されないです。
これは新型GT-Rのコンセプトでもあるフロントミッドシップの実現のされた証であろうとされます。
新型スカイラインGT-Rの「R」の文字に込められた、思いと意志がまもなく走り出そうとしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。