国産車、外車、新車速報など、幅広く情報を掲載しています。スペックや内装・装備、画像などで詳しく解説!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング参加中!!
バーナーをワンクリック!応援お願いします。by館長
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
F1テクノロジーを生かしたスーパースポーツカー
ME_S024_F001_M002_4_L_640x480.jpg

M・ベンツF1でパートナーシップを組むマクラーレンとともに最新のテクノロジーを結集して作ったスーパースポーツカー。レーシングカーを思わせるフロントデザインや跳ね上げ式のドアなど個性的なデザインが大きな特徴。モノコックやボディシェルには軽量素材のカーボンコンポジット素材を採用し、カーボン強化セラミックブレーキを採用するなど、次元の異なるクルマ作りがなされている。エンジンはAMGが専用に開発した5.5LのV8+スーパーチャージャー仕様で、460kW/780N・mのパワー&トルクを発生する。税抜き価格で5500万円というケタ違いのクルマだ。
ボディカラーや内装カラーの選択肢を拡大
従来の外装色2色、内装色4色から、大幅に選択肢を増やして外装色は11色、内装色は12色の特別注文色を用意し、自由に選択できるようにした。これに合わせて価格の引き上げも行われた。(yahoo!自動車から引用)



車情報館からコメント
まぁ、とんでもない車を作ったもんです。どのような車かは下記の主要諸元を見てもらえば分かると思います。外見はパッと見アメ車と見間違いますよね。異様に長いフロントノーズ、サイドマフラー、ギアの設定もATのみ、音もバラバラといった感じです。

価格・主要諸元

発売年月 2005年3月
標準車両本体価格(東京地区) 5985.0万円
総排気量 5439cc
最高出力 626ps(460kw)/6500rpm
最大トルク 79.5kg・m(780N・m)/5000rpm
車両重量 1768kg
乗車定員 2名
全長×全幅×全高 4656×1908×1261mm
燃料消費率(10/15モード走行) -km/L
駆動方式 FR
トランスミッション 5AT
ME_S024_F001_M002_1_L_640x480_20071107193551.jpg ME_S024_F001_M002_2_L_640x480.jpg

ME_S024_F001_M002_3_L_640x480.jpg ME_S024_F001_M002_5_L_640x480.jpg

独特のパッケージングをもつコンパクトカー
ME_S030_F002_M003_1_L_640x480.jpg

メルセデス・ベンツが初めてFF車の開発に取り組んだのがAクラス。2005(H17)年2月から2代目が発売されたが、高い衝突安全性を持もつサンドイッチ構造のボディなど、基本パッケージングは初代モデルと変わらない。フロントマスクからAピラーまで直線的に伸びたシャープなデザインはAクラスならではだ。初代モデルに比べると大きく変わったのが室内の広さとインテリアの質感で、M・ベンツらしいクルマになったといえる。エンジンは1.7Lと2Lの直4の2機種で、いずれも無段変速オートトロニック(CVT)と組み合わされる。
クルーズコントロールを標準装備
アクセルを踏み続けなくても設定速度で走行できる、クルーズコントロール&可変スピードリミッターを標準装備。A170以外は価格改定が行われた。また、バイキセノンヘッドライト&ヘッドライトウォッシャーとパークトロニックをセットオプションとしている。(yahoo!自動車から引用



価格・主要諸元 A200 ターボ アバンギャルド

発売年月 2007年8月
標準車両本体価格(東京地区) 353.0万円
総排気量 2034cc
最高出力 193ps(142kw)/4850rpm
最大トルク 28.6kg・m(280N・m)/4850rpm
車両重量 1370kg
乗車定員 5名
全長×全幅×全高 3850×1765×1585mm
燃料消費率(10/15モード走行) 11.4km/L
駆動方式 FF
トランスミッション CVT

ME_S030_F002_M003_2_L_640x480.jpg ME_S030_F002_M003_3_L_640x480.jpg ME_S030_F002_M003_4_L_640x480.jpg ME_S030_F002_M003_5_L_640x480.jpg
本日のオススメアイテム!
燃料代が気になるあなたに是非

グローバルスタンダードのアッパーミドルセダン
ME_S014_F003_M005_1_L_640x480.jpg

M・ベンツのラインナップの中心に位置する主力モデルがEクラス。ミディアムクラスと呼ばれた時代から、世界のクルマのスタンダードともなってきた。2002(H14)年6月に登場したモデルは、より洗練されたスポーティでエレガンスな外観デザインの中に、電子制御のセンソトロニックブレーキなどメルセデスならではの最新技術を結集し、走行安定性、機能性、快適性、安全性を大幅に進化させた。エンジンはいずれも3バルブのSOHCで、2.6Lと3.2LのV6、5LのV8の3種類となる。全車にティップシフト付きの電子制御5速ATが組み合わされる。(yahoo!自動車から引用)

ユーロ高により価格を改定

ユーロ高によりE300以外の車両価格が改定された。

私的コメント
M.ベンツのすごいところはなんといってもその居住空間、快適性が他のメーカーと比べてずば抜けている。シート一つ取ってみて体を包み込むようにホールドしとても本皮シートとは思えないくらいのものだ。Eクラスでもエンジンのチョイスが幅広くあり、お勧めは3.2LのV6あたりか。ライバルはレクサスLS、BMW5シリーズ。ラグジュアリー感は間違いなくトップだろう。ただ、新型になりフロントマスクの迫力が落ちたように感じられ残念である。

価格・主要諸元 (E350 アバンギャルド)
発売年月 2007年2月
標準車両本体価格(東京地区) 826.0万円
総排気量 3497cc
最高出力 272ps(200kw)/6000rpm
最大トルク 35.7kg・m(350N・m)/5000rpm
車両重量 1690kg
乗車定員 5名
全長×全幅×全高 4850×1820×1465mm
燃料消費率(10/15モード走行) 8.6km/L
駆動方式 FR
トランスミッション 7AT

ME_S014_F003_M005_2_L_640x480.jpg ME_S014_F003_M005_3_L_640x480.jpg ME_S014_F003_M005_4_L_640x480.jpg ME_S014_F003_M005_5_L_640x480.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。